未分類

アンダーヘアー脱毛のあるあるについて

普段は隠れてて見えないと言っても、身だしなみを整える一貫として、アンダーヘアーを脱毛する女性も少なく有りません。
そしてアンダーヘアーを脱毛をした女性たちは、様々な困難を乗り越えて来たようです。
まず自己処理をしている時に多くの女性が感じる事と言えば、処理をしている姿が間抜けだと言う事です。
鏡の前で大股開きをして刃物を当てている姿はなんとも言えない不格好さで、まともに見るとすごく恥ずかしいなんて人も多いみたいです。
次にサロンで脱毛する女性の多くが思う事ですが、次第に慣れてくるとは言え最初はかなり恥ずかしいという事です。
人前で裸になって下半身を露出しているのですから当たり前と言えば当たり前ですが、やはり気になってしまうそうです。
なのにそんな思いとは裏腹にスタッフさんたちは慣れたもので、淡々と進めていく人が多いのだそうです。
その温度差が余計に恥ずかしさを増大させたり、逆に心をオープンにさせたりと感じ方は人それぞれです。
余程の照れ屋さんで無ければ、オープンになる人の方が若干多いようです。
それからアンダーヘアーを脱毛したため彼氏には喜ばれたけど、温泉には行きにくいという人も結構存在していますね。
これは所謂パイパンと呼ばれるツルツル状態にした女性が痛感している事なのですが、人気が出ているとはいえまだまだ一般ウケはしていないという証拠でしょう。
恥ずかしさや世間の目に耐えることも、綺麗になるために必要な事なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です